カートを見る
  1. 白魔法師は支援職ではありません ※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です 3
海外発送/国際配送サービスの転送コム

白魔法師は支援職ではありません ※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です 3

TOブックス

発売日:2019年11月09日

LINE

通常商品商業一般
価格(税込み) ¥1,399
ポイント 3%(38ポイント)還元
在庫 残りわずか

※こちらは通販の在庫状態になります。

店舗在庫は各店舗にてご確認をお願い致します。

メール便OK! (容量 : 100%)

コンビニ受取OK!

注文数

店舗在庫を確認する

白魔法師は支援職ではありません ※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です 3
作品詳細

【あらすじ】
私は私【アオイ】に立ち向かう!!
過去を乗り越えたパーティで、『七つの大罪』に挑め!
最弱最強ファンタジー第3弾!

ニコニコ静画でコミカライズ好評連載中!
書籍にコミカライズ第1話をまるっと収録!
書き下ろし短編も収録!


冒険者養成学校のダンジョン氾濫を乗り越え、晴れて冒険者として活動を始めたノエルとアオイ。
先輩冒険者たちと一緒にダンジョンに潜ったり、昇格試験を受けたりと、順調にスタートしたと思われた。
だが二人の目の前に、アオイの妹ウィンが現れる。好戦的なウィンは昔からアオイを見下し、ことあるごとに突っかかってくるのだった。
ウィンへの劣等感と恐怖から、立ち向かうことができないアオイ。
彼女の目の前に突如現れて鼓舞したのは、なんと成長した大人の姿をしたアオイ自身だった。アオイは大人になった自分の指導のもと、弱い自分を乗り越えていく。
そんなある時、ウィンが仕組んだアオイVSウィンの戦闘中、突如ウィンの人格が豹変する。
それはかつてノエルの前に立ちはだかった『大罪の獄炎』の中の、新たなひとつ――『嫉妬の獄炎』の人格がウィンの中で目覚めたためだった!
アオイとウィンの因縁の行方は……!?

タイトル 白魔法師は支援職ではありません ※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です 3
出版社 TOブックス
作家名 マグム

azuタロウ
ジャンル その他
発行日 2019/11/09
版型・メディア B6
総ページ数・CG数・曲数 266
作品種別 一般向け