カートを見る
  1. 虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.1
海外発送/国際配送サービスの転送コム

虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.1

オーバーラップ

発売日:2018年12月25日

通常商品商業一般
価格(税込み) ¥715
ポイント 3%(19ポイント)還元
在庫 残りわずか

※こちらは通販の在庫状態になります。

店舗在庫は各店舗にてご確認をお願い致します。

コンビニ受取OK!

注文数

店舗在庫を確認する

虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.1
直筆コメント

作品詳細

インタビュー【蓮見景夏先生】


1. 本作を書こうと思ったきっかけを教えてください。

作品のテーマとして「とてつもない才能のある人vsまったく才能の無い人」というのが一応あるんですが、
学校生活や部活動で自分が完全に後者の人間だったので、それをモデルに出来ればなーと。
なので作品のメインとして「虐殺スペックvs低スペック」となりました。
現実にも、人の努力を簡単に一足飛びで超えていく人はいますからね……。
ほんと嫌になります……うん……。


2. 本作のおすすめポイントを教えてください。

基本、全体的に友達同士のふざけあいみたいになっていて、
会話が殆どで、どのキャラクターも自分の言いたいことしか言っていないので、
こーやふさんの素敵な絵と共に楽しんで頂ければと思います。


3. 本作で好きな(思い入れのある)キャラクターを教えてください。

圧倒的な才能――『万能』の虐殺スペックを誇る赤三月です。
好き勝手にいろいろするのはいいなーと思いました。


4. 影響を受けた作品がありましたら教えてください。

昔からミステリーが好きなので、古典現代問わずミステリー作品全般です。
絞って言えばアガサ・クリスティーは大体読んでいます。
彼女の作品の中で、特に代表作とされるのは、ミステリー作品の古典にして原典で頂点だと思います。
現代作家では貴志祐介先生です。防犯探偵・榎本シリーズはだらだら読み返すことが多いです。

タイトル 虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.1
出版社 オーバーラップ
作家名 蓮見景夏

こーやふ
ジャンル オーバーラップ文庫
発行日 2018/12/25
版型・メディア 文庫
総ページ数・CG数・曲数 320
作品種別 一般向け