キャンセル
詳細検索
 
海外発送/国際配送サービスの転送コム
ノベル商業一般

成金令嬢の幸せな結婚 ~金の亡者と罵られた令嬢は父親に売られて辺境の豚公爵と幸せになる~

講談社

価格(税込み) ¥1,650

3%(45ポイント)還元

販売状況 好評受付中
個数
予約する
配送方法
お支払方法
クレジット / コンビニ前払い / コンビニ後払い / 代金引換 / atone 翌月後払い(コンビニ)
発売日:2024年05月02日
予約グループ:2024年05月中

作品詳細

【あらすじ】
「君は金にがめつすぎる。婚約を破棄させてくれ」
ずっと王妃教育を受けてきたベアトリーチェは王太子に婚約破棄を告げられた。毎晩開かれる無駄なパーティー。浮気相手に送る豪華なドレスの数々。ベアトリーチェは最後に臣下として浪費を抑えるように進言するも、逆に『金の亡者』と虐げられ、王宮から追放されてしまう。
しかも、王太子は自分の借用書を実家に擦り付けて来た。
「お前のせいで領地が潰れるではないか! どうしてくれるんだ!」
領地を立て直そうと一生懸命だったのに、ベアトリーチェは父に『ブタ公爵』と名高い辺境のアベル・オルロー公爵に売られ、借金のカタにされてしまった。
しかし、オルロ―公爵領は荒れ地で有名。
城もボロボロ、収穫は見込めず、辺境に相応しい有様だった。
「この領地には無駄が多すぎます!」
ベアトリーチェは公爵領の改革を決意する。成金令嬢と呼ばれたトラウマから最初は尻込みしていたが、なりふり構っていられない。
改革が進むにつれて税収も上がり、順調に借金を返済していく。
そしてオルロ―公爵も『ブタ公爵』からだんだんと変わってきて……。
「俺の容姿を気にせず旦那と呼んでくれた君を、心から愛している」
「私は異性からの愛よりお金のほうが好きです」
これは、ちょっとズレた令嬢と距離感のおかしい公爵のじれったい恋愛譚。

出版社 講談社
レーベル Kラノベブックス
作家名 山夜みい
桜花舞
発行日 2024/05/02
版型・メディア B6
総ページ数・CG数・曲数 340
作品種別 一般向け

このレーベルの他の作品

もっと見る