1. HOME
  2. コミック
  3. ノベル
  4. ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 11
海外発送/国際配送サービスの転送コム

ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 11

KADOKAWA

発売日:2022年08月25日 予約グループ:2022年08月中

LINE

ノベル商業一般
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 11
価格(税込み) ¥1,430
ポイント 3%(39ポイント)還元
在庫 好評受付中

※こちらは通販の在庫状態になります。

店舗在庫は各店舗にてご確認をお願い致します。

メール便OK! (容量 : 50%)

コンビニ受取OK!

注文数
スタッフのオススメポイント

★ノベル祭り対象書籍
ノベル祭り

作品詳細

【あらすじ】
ヒラギス総力戦! 危機的状況に勇者が舞い降りる!?

ヒラギスを奪還するため十分な戦力を揃えた人族諸国軍であったが、魔物の戦力は予想を上回り当初から苦戦を強いられていた。このままでは民や兵士に多くの犠牲が出るのではと危機感を募らせたアンの意を汲み、マサルたちは全力での介入を決意し、北へ南へと忙しく活躍していく。そして暇を見つけては剣の修業をやらせようとする剣聖や、冒険者風情とふんぞり返る将軍に苦労しながらも、マサルたちはようやくヒラギスの半分を奪還するに至った。
だが、魔物側も黙ってはいない。人族の手に戻ったヒラギスの公都に魔物の大群を集結させ反転攻勢に出たのだ。これにより戦場は総力戦の様相を呈していく。倒しても倒しても尽きない魔物の群れに、広がる戦線。マサルたちでさえ手一杯になり、形勢は悪化の一途を辿る。
そして追い込まれたマサルは、これまで触れないできた光魔法の取得に踏み切るのだった。
戦場に輝く光魔法は状況打開の突破口となり得るのか!? 正念場の第十一幕が開幕する!

タイトル ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた 11
出版社 KADOKAWA
レーベル MFブックス
作家名 桂かすが

さめだ小判
発行日 2022/08/25
版型・メディア B6
総ページ数・CG数・曲数 324
作品種別 一般向け
このレーベルの他の作品
このメーカー・出版社の他の作品