1. HOME
  2. 同人誌
  3. 一般同人誌
  4. 白櫻館帝都夜話 巻之三
海外発送/国際配送サービスの転送コム

白櫻館帝都夜話 巻之三

専売 紅屋

発売日:2022年01月14日

LINE

一般同人誌同人一般
白櫻館帝都夜話 巻之三
価格(税込み) ¥1,100
ポイント 5%(50ポイント)還元
在庫 残りわずか

※こちらは通販の在庫状態になります。

店舗在庫は各店舗にてご確認をお願い致します。

メール便OK! (容量 : 91%)

コンビニ受取OK!

注文数

店舗在庫を確認する

サンプル画像
  • 白櫻館帝都夜話 巻之三
  • 白櫻館帝都夜話 巻之三
  • 白櫻館帝都夜話 巻之三
  • 白櫻館帝都夜話 巻之三
  • 白櫻館帝都夜話 巻之三
サークル(先生)からのコメント/作品詳細

時は大正、帝都東京・銀座。
大通りを縁取る柳の列に混じって、一本だけ、白い花を咲かせる早咲きの櫻の木があった。
その前には瀟洒な螺旋階段の付いた煉瓦造の二階建てが建っていて、一階には煙草屋が入っている。
この螺旋階段の奥に夜だけ開く扉があり、その中には地下へ続くもう一つの螺旋階段が隠されていた。
その地下室は元政治家・櫻井直清のプライベエト・カフェーであったが、密やかに訪れる客達はいつしか其処を「白櫻館」と呼ぶようになった──。

【第三巻・恋に落ちた盗人とアイス・カフェー・オーレー<後編>】
元軍人の万太郎への恋心を自覚したスリの京治だったが、一家を抜けることは許されなかった。 京治は思い詰めた挙げ句に万太郎の拳銃を盗み、それを背に差したままで「達者でな」と告げる。

タイトル 白櫻館帝都夜話 巻之三
サークル名 紅屋 (作品数:2)
作家名 町田 相模
ジャンル 創作BL , 歴史
発行日 2020/04/05
版型・メディア 新書
総ページ数・CG数・曲数 192
イベント オリジナルファンフェスタ2022winter
作品種別 一般向け
このサークルのほかの作品