カートを見る
  1. 【書籍】GA文庫×Melonbooks Monthly PICK UP 3月

GA文庫×Melonbooksで贈る新作紹介コーナー!
ここでしか見られない作者様のインタビュー手書きPOPを見逃すな!

  • タイトル
  • おっさん冒険者ケインの善行
  • 著 者
  • 風来山
  • イラスト
  • すーぱーぞんび
  • 「おっさん冒険者ケインの善行」

    この本を買う!

    風来山先生によるセルフPOPル

    「おっさん冒険者ケインの善行」セルフPOP

  • メロンブックス特典情報

    • 「おっさん冒険者ケインの善行」特典画像

    • 特典内容

      特製4Pリーフレット

    著者インタビュー

    • 1.作品を書こうと思ったきっかけ

      作者のデビュー作の「酷幻想をアイテムチートで生き抜く」(全六巻)が完結を迎えるにあたり、これから新しい軸になる新作を書こうと思い立ったのがきっかけです。 「どうせなら凄い大作を書きたい!」と意気込んだまではよかったんですが、あーだこーだと、三作ぐらいプロットを立てて、書いてみては消すという作業を繰り返しても、 何も「これだ!」というものが出来上がりませんでした。 それで、タイムリミットである酷幻想WEB版の完結まで目前というところまで迫って、もう悩みすぎてヘトヘトになってふっと力が抜けたときに、 『ふつーのおっさん冒険者を主人公にする』というアイデアが下りてきました。 それに加えて、それまでに書いてた「ジェノサイド・リアリティー」(GA文庫)の主人公が、ひねくれすぎてて疲れるなーと思ってたので、 今回は素直な善人でいこうということで、『おっさん冒険者ケインの善行』となったわけです。 そうタイトルが決まったら、ふつーのおっさん冒険者ケインが、対照的な存在である神速の剣姫アナストレアと出会って……と、ストーリーはスルスルと生まれてきました。

    • 2.おすすめポイント

      近頃では、おっさん主人公の作品が増えてますが、ケインの特徴はただひたすら善い人だということです。 ケインは強いわけでもなく、何か特別なことができるわけでもなく、山で薬草を摘んで生計を立てているだけのあんまり冴えないおっさん冒険者です。 そんなケインが誰かに幸せにしてもらうのではなく、いつも誰かを幸せにしようと頑張るお話です。 ふつーのおっさんの善意が報われる、そういう優しい世界を書いた物語です。 そんな話が好きだと思ってくれる人におすすめです。

    • 3.好きな(思い入れのある)キャラクター

      作者的には、思い入れのないキャラがいません。 自分の作品のキャラは、モブの敵役までみんな好きなのですが……。 あえて逆に突き放して描いてるキャラは、神速の剣姫アナストレア(アナ姫)です。 彼女は生まれついての天才なので、作者のような凡人の発想では理解しがたいことをいつもやってくれます。 なんでこんなことをやるんだ……(呆れ)と毎回思ってるので、作者的にはアナ姫の面倒を見ている、万能の魔女マヤに一番感情移入してます。 あと、すーぱーぞんび先生の素晴らしいイラストが来てから、冒険者ギルドの受付嬢エレナさんの出番が増えました。 ほんとグッと来ます! こういうしっかり大人をやってて、でも可愛らしさもある女性におっさんは弱いですよ。

    • 4.影響を受けた作品

      ケインの素直な善良さは、GA文庫の超人気作品「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の主人公ベルくんに多大な影響を受けてます。 ベルくんの善良さ、純真さ、健気さ……王道の主人公とは、やはりこういうものだなって思いがあります(英雄志願のベルくんとは違い、ケインはふつーのおっさんですが)。 あとは、こちらも超人気作品「英雄教室」(ダッシュエックス文庫)の、ストーリーの密度を高めて展開を早くする構成にも影響を受けました。 英雄教室の一巻は、読みやすいのに一冊で三冊分の密度が感じられる凄い作品なんですが、ケインはそれを超えようと三.五冊分ぐらいの密度を詰め込んだつもりです。

    • 5.編集のお勧めコメント

      おっさんが、普通のおっさんのまま、等身大に扱われているところがとてもおもしろいと思いました。 「おっさんが最強チート!」とい物語ももちろん面白いのですが、なんとなく、おっさんは「まんまおっさん」であってほしいという願望があり、 おっさんがおっさんのまま、ただ普段どおりいいことをしているだけなのに、周りに盛り立てられたり支えられたりして、どんどんすごいことを 成し遂げていくところが本作の素晴らしさであり、気持ちよさだと思います。 そう言う意味では、周りの人たちに巻き込まれてどんどん大きなことをしていくので、読み味も読後感も「俺TUEEE」作品と変わりません。 言うなれば「俺SUGEEE」な感じでしょうか。ただ「いい話」というだけではありませんので、ぜひ安心してご覧頂けたらと思います。 また、とにかくヒロインたちが可愛いです!  すーぱーぞんび先生の素晴らしいイラストもとても見どころです! 風来山先生を唸らせたエレナさん(結果的に挿絵が3点も!)はもちろん、個人的にはエルフのシスターさんがイチオシです!! なお、風来山先生といえばGA文庫から刊行されている「ジェノサイド・リアリティー」がダークブラックな感じで非常に好評ですが、 一転、こちらはピュアホワイトな物語になります。 「ジェノサイド・リアリティー」同様、書き下ろしも2本ありますので、ぜひ2作品読み比べてみてください。 殺伐した現代において、この作品が一服の清涼剤になりますように!

  • 作品あらすじ

    コミカライズ企画進行中!!

    善良で平凡なおっさん、最強で最高の幸せを手に入れる!!
    「小説家になろう」で大人気の、おっさん系【究極】癒やしファンタジー!!

    20年間せっせと山で薬草採取だけに励んできたおっさん冒険者ケインは "薬草狩り"と揶揄されながらも、地味で穏やかな暮らしに満足していた。 ある日のこと。日課の薬草狩りをしていたケインは、 偶然にも超レアアイテム「蘇生の実」を手に入れる。 だが、無欲なケインは、売れば城が建つほど高価な「蘇生の実」を、 仲間を救うために奔走していた少女に僅かな銀貨で譲ってしまった。 「……この銀貨でキンキンに冷えたビールが飲める。今日は最高の一日だな」 そう呟くケインの元に、翌日突如Sランクのパーティーからの加入依頼が舞い込んだ。 「蘇生の実」を譲った少女は、剣姫と呼ばれる最強冒険者アナストレアだったのだ!! それからというもの、偶然死にかけの魔獣を倒したり、遙か年下の聖女に告白されたりと、 善良だけが取り柄のケインの地味な生活は彼女との出会いから一変していくことになり――!? 普通の"おっさん"ケインが普段通りただ善行するだけで、周りも本人もひたすら幸せになる、 バトルありコメディあり美少女ありの、おっさん系【究極】癒やしファンタジー!!

    • 「おっさん冒険者ケインの善行」挿絵

  • タイトル
  • ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン
  • 著 者
  • 蝸牛くも
  • イラスト
  • 足立慎吾
  • メロンブックス特典情報

    • 「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン」特典画像

    • 特典内容

      特製4Pリーフレット

    蝸牛くも先生によるセルフPOP

    「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン」セルフPOP

    • 作品あらすじ

      姉が姉でなくなってから三日が過ぎた。だから彼は動くことに決めた。
      ゴブリンの襲撃で、最愛の姉を、村を喪った少年がいた。
      五年後、辺境の街の冒険者ギルドに訪れた少年は冒険者となる。
      そして、五年前、帰る村をなくした少女は、かつての幼なじみと出会った。
      最下級のクラス、白磁級となった少年は装備を調え、
      たった一人でゴブリンの巣くう洞窟へと向かう――。
      これは、彼がゴブリンスレイヤーと呼ばれるようになる物語。
      大人気ダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」の前日譚。
      蝸牛くも×足立慎吾が贈る外伝「イヤーワン」スタート!

  • タイトル
  • スライムの皮をかぶったドラゴン
    ~最弱のフリして静かに暮らしたい~
  • 著 者
  • 三木なずな
  • イラスト
  • .suke
  • 「スライムの皮をかぶったドラゴン ~最弱のフリして静かに暮らしたい~」

    この本を買う!

    三木なずな先生によるセルフPOP

    「スライムの皮をかぶったドラゴン ~最弱のフリして静かに暮らしたい~」セルフPOP

  • メロンブックス特典情報

    • 「スライムの皮をかぶったドラゴン ~最弱のフリして静かに暮らしたい~」特典画像

    • 特典内容

      書き下ろしSS付きラフ集

    著者インタビュー

    • 1.作品を書こうと思ったきっかけ

      むかしから「子どもが大人を押しのけて大活躍」する作品が大好きで、ここ数年は年々アクションがハイクオリティになっていく名探偵コナンの劇場版が毎年楽しみです。
      蘭姉ちゃんが超人化した「絶海の探偵」以降毎年複数回は劇場で見てます(笑)。
      小説家になろう風劇場版コナン、を書こうとしたのがきっかけでした。

    • 2.おすすめポイント

      主人公が最強――は当たり前として。独特な倫理観……と申しますか。
      作中のモンスターたちはその種族独特の倫理観で動いてて、人間の価値観に照らし合わせるとあまりよろしくないものがほとんどなのですが、 その分おかしさと面白さはあるので、それを感じていただければ。

    • 3.好きな(思い入れのある)キャラクター

      エロゴブリンのテリーと、ヴァンパイアのヒメ。
      どちらも自由奔放で、登場させるだけで作品を引っ張って動かしてくれるから。
      どちらも特に種族の価値観と生態をはっきりと描けたから。

    • 4.影響を受けた作品

      劇場版名探偵コナン  カンフーキッズ  真剣で私に恋しなさい

    • 5.担当編集コメント

      「勇者として頼られることが面倒くさくて飽き飽きしたから、スライムになろうと思った」という主人公のスライム・リュウ。 最初は「一体何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何を言ってるのかわからなかった」のですが、 確かに冷静に考えると、世界を平定したあとの勇者とか、ちょっと面倒くさいところがあるかもしれませんよね。 いつでもどこでもみんなに頼られたりとか、いつもどこでも品行方正でいなければいけないとか。 宿屋でお休みしたら、翌朝受付でしっかり声を掛けられたりとか…! そう考えると、本作の主人公の急に親近感がわきませんか? 誰からも注目される最強の勇者から、誰からも注目されない(されにくい)最弱のスライムになろうというリュウの思いも、 なんとなく理解できるような――もちろん、リュウのようにドラゴンの巣に生まれ変わったりしなければですが。 なぜかドラゴンの巣に生まれ変わったリュウは、マザードラゴンに育てられて、外観はスライムのまま、内面だけまた最強になります。 勇者のときの思いを繰り返したくないリュウは能力をひた隠しにしますが、果たして上手くいくのか――? 処女の聖職者が大好きなエロゴブリンのテリーや、BL好きのインプ・リリ。 お兄ちゃん大好き、でもツンデレな義妹ユイに、「高い高い」と思いきや「他界他界」であの世送りにしてくる吸血鬼・ヒメなど、 個性豊かな面々と過ごす毎日は刺激がいっぱいです。 .suke先生描く、可愛く個性豊かなヒロインとモンスターも見どころです! (ドラゴンの迫力に刮目してください!! 姫騎士さんも可愛いですよ!!) 外観「最弱」内面「最強」の元勇者・リュウと愉快な仲間たちの物語を、ぜひお楽しみください!!

  • 作品あらすじ

    外見「最弱」中身「最強」!? 異世界スライム日常無双譚!!

    かつて最強の勇者だったおれは、勇者であることのしがらみから解放されようと、持てる力を全部使ってスライムに転生した。 スライムに転生すれば、勇者みたいに周りの注目を集めることもなく、その他大勢のザコと混じって目立たずひっそり生きられる。 そう考えたまではよかったものの、なんの因果かドラゴンの巣に生まれてしまい、スライムなのに史上最強に育てられてしまった。 人間界では――勇者。 モンスター界では――ドラゴンに育てられた最強スライム。 こっちでも強いことがばれたらまた面倒くさいことになる……そう思ったおれは、 最弱スライムの見た目に最強ドラゴンの中身を隠し、のんびりスローライフを楽しもうと決意したんだが――!? 外見「最弱」中身「最強」の"スライムの皮をかぶったドラゴン"による、スローライフ、ときどき無双な異世界ファンタジー!!

    • 「スライムの皮をかぶったドラゴン ~最弱のフリして静かに暮らしたい~」挿絵

  • タイトル
  • ただ幸せな異世界家族生活
    ~転生して今度こそ幸せに暮らします~
  • 著 者
  • イラスト
  • えいひ
  • 「ただ幸せな異世界家族生活 ~転生して今度こそ幸せに暮らします~」

    この本を買う!

    舞先生によるセルフPOP

    「ただ幸せな異世界家族生活 ~転生して今度こそ幸せに暮らします~」セルフPOP

  • メロンブックス特典情報

    • 「ただ幸せな異世界家族生活 ~転生して今度こそ幸せに暮らします~」特典画像

    • 特典内容

      特製4Pリーフレット

    著者インタビュー

    • 1.作品を書こうと思ったきっかけ

      異世界転移を色々と書いていましたが、異世界転生を書いていないなというのが最初のきっかけです。 また、異世界といえば中世ヨーロッパな感じが多かったので、まったく違う世界観という事で、中央アジア風にしてみたいなと思ったのが、本格的なきっかけです。

    • 2.おすすめポイント

      “ただ幸せな”とある通り、幸せで心温まる作品であればと考えて、日夜ぽちぽち描いています。 仕事の休憩や、お家に帰って寝る前に読んで、ほわっとリラックスしたり、心温まるお手伝いが出来れば幸いです。

    • 3.好きな(思い入れのある)キャラクター

      キャラクター全てに思い入れがありますが、一番思い入れがあるキャラと言われれば、熊おっさんでしょうか。 主人公と丁々発止やり取りをしている姿はほんわかします。やはり何かを知っていても、実際に作り出すのは職人さんです。 要件が定義出来て、設計が出来ても、実際に作る人がいなければ物事は始まらない。そんな縁の下の力持ちな熊おっさんが好きです。

    • 4.影響を受けた作品

      中央アジアのファンタジーと言えば、個人的には森薫先生の乙嫁語りです。
      あの緻密で繊細な絵柄を見ているだけでほんわかします。

    • 5.編集のお勧めコメント

      本作品はWeb小説サイト「小説家になろう」で連載されていた作品で、 異世界に転生した後、幼少期から主人公が活躍します。 それだけですと類似の作品も多いのですが、主人公が行動する理由が共感できるもので、 また両親など周囲の人々もそれを優しく見守るという展開に魅力を感じて書籍化を打診しました。 主人公であるティーダが発案するものには現在の知識を活用した「料理」も含まれていて、 丁寧な作中の描写では思わずお腹が空いてしまうほどでした。 孝行息子のティーダが周りを巻き込みつつ、幸せな生活を目指す姿を、ぜひ読んでみて頂ければと思います。

  • 作品あらすじ

    家庭を大事にせず、ひたすらに働き続けていたサラリーマンの荒木晋は自身の誕生日に意識を失い、異世界でディーとティンという夫婦の息子、ティーダとして転生を果たす。 これまでの人生に後悔したティーダは、今度こそ家族と幸せに暮らすため、幼少期から村の発展に向けた取り組みを始める。 父が村の代表者であるという立場も活用して周囲の子供達に文字を教え、 自然の恵みを活かした新しい特産品を生み出していくティーダだったが、その成果を狙う勢力も現れてしまい―― 「願わくばどうか、私の周囲に幸せがありますように。」 今度こそ家族を幸せにするため、少年は二度目の人生を歩み始める。 ネット連載で人気を博したシリーズ、新規エピソードも加筆して登場!

    • 「ただ幸せな異世界家族生活 ~転生して今度こそ幸せに暮らします~