電子カート カート
  1. HOME
  2. サブカル書籍
  3. サブカル書籍
  4. イラストでまなぶ! 用兵思想 近世・近代編
海外発送/国際配送サービスの転送コム

イラストでまなぶ! 用兵思想 近世・近代編

ホビージャパン

発売日:2021年03月31日

LINE

サブカル書籍商業一般再入荷
イラストでまなぶ! 用兵思想 近世・近代編
価格(税込み) ¥1,980
ポイント 3%(54ポイント)還元
在庫 残りわずか

※こちらは通販の在庫状態になります。

店舗在庫は各店舗にてご確認をお願い致します。

コンビニ受取OK!

注文数

店舗在庫を確認する

作品詳細

【あらすじ】
「用兵」――兵を用いる方法はいかにして発展したのか<; br> ■『近世・近代編』である本書は、ナポレオン戦争後に生まれ現代の軍隊にも大きな影響を残した2人の戦争思想家――クラウゼヴィッツとジョミニの思想を軸として、
近代ヨーロッパの戦争(普墺戦争、普仏戦争、第1次世界大戦、第2次世界大戦)における用兵思想の変化を読み解いていく。

●用兵思想の萌芽、そして現代において軍隊における用兵思想の軸となっている「ドクトリン文書」とは何か。
●クラウゼヴィッツとジョミニ、2人の思想がどのようなものなのか?そして、現代にどのように影響を与えているのか。
●クラウゼヴィッツの思想を受け継ぎ、軍事大国として飛躍した18世紀のプロイセン王国。それを支えたモルトケの思想とは。
●中墺の大国となったドイツが東西二正面の戦いに備えて立案した「シュリーフェン・プラン」。それはどのような思想的背景を持って生まれたのか?また、なぜ第一次世界大戦で対フランス攻勢は頓挫したのか。
●未曾有の犠牲者を生んだ塹壕戦。大戦初期の運動戦から、動きのない陣地戦へと移行した理由は何だったのか?そして塹壕戦のなかで培われた砲兵や歩兵による戦術の発展と限界。
●戦車の登場による運動戦への回帰。そして第二次世界大戦の(いわゆる)電撃戦への発展。

コミック:ヒライユキオ/イラスト:湖湘七巳

タイトル イラストでまなぶ! 用兵思想 近世・近代編
メーカー名 ホビージャパン
作家名 田村尚也
発行日 2021/03/31
版型・メディア B6
作品種別 一般向け