1. HOME
  2. オリジナル同人誌(電子)
  3. オリジナル同人誌(電子)
  4. 一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記

LINE


一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記
電子書籍 専売
オリジナル同人誌(電子) 同人 一般

一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記

湯浅祥司

そよ風文芸食堂

価格(税込み)

¥1,100

ポイント

30pt

  • 一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記
  • 一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記
  • 一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記
  • 一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記
発行日 2021/2/1

この商品は電子書籍です。
紙の書籍ではありません。

今すぐ購入
電子カートにいれる
閲覧可能な環境

PC
ダウンロード
ブラウザ閲覧
PCアプリ閲覧
SP
ブラウザ閲覧
SPアプリ閲覧

「動作環境・注意事項」を必ずお読み頂き、同意のうえご購入ください。

作品詳細

 とあるきっかけで『関ヶ原の戦い』について調べていた時のこと、東軍(徳川家康側)にも西軍(石田三成・毛利輝元側)にも属さない中立の武将の中で特異な人物がいることに気が付いた。それは喜連川頼氏という武将で、戦後に家康へ 戦勝を祝う使者を送ったことで所領が加増されているのだ。

 東軍に属していた武将でさえ所領安堵(現状維持)という者も多い中、使者を送ったことで加増を受けるとは何者なのだろうか?

 しかも調べを進めると、通常は1万石以上でなければ『大名』とは呼ばれない上に立藩もできないにもかかわらず、喜連川氏は表石5000石(ちなみに家格は10万石格!)で喜連川藩を立藩している。さらに参勤交代の免除や数々の特権を有していたという。

 調べれば調べるほど興味深い喜連川氏。この唯一無二の特権大名の領地や歴史をもっと知りたい。
 そこで次の旅ではこの喜連川氏と喜連川藩(現・栃木県さくら市)を取り上げることにした。
 
 東野交通(現・関東自動車)の路線バス、コミュニティバス、城址、史跡、街道、寺社、歴史、温泉、グルメ、東武鉄道なども収録。
 
 キャッチコピーは『江戸時代を生き抜いたオンリーワン大名!』。

【コピー誌作品】
※ご注意※
コピー誌における商品状態は、基本はサークル様仕様となります。
 (軽度な色移り、曲り、ズレ、ホチキス有無、など)

タイトル 一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記
サークル名 そよ風文芸食堂 (作品数:21)
作家名 湯浅祥司
ジャンル 評論 , 旅行
発行日 2021/2/1
総ページ数・CG数・曲数 94
イベント バレンタインフェスタ第2回
作品種別 一般向け
動作環境 Windows/Mac/iOS/Android
このサークルのほかの作品
pup